本文へスキップ

キャラクターの描き方講座

0から描く簡単なキャラの体の描き方contents

講座トップページ > 0から描く簡単なキャラの体の描き方

簡単!かわいい立ち絵の描き方

ここではキャラクターの全身、基本の立ちポーズの描き方をやりたいと思います!
立ち絵を描くコツは少しだけ動きをつけることです。そうすると「棒立ち」にはならず、キャラがかわいく見えます。

また、かわいいキャラクターといっても、色々なタッチ(色々な描き方)があると思います。今回は3つのタイプのキャラの描き分けをしていきたいと思います。("^ω^)

■基本的な立ち絵を描く
では、ベースとなる基本的な6頭身のキャラクターを描いてみたいと思います。はじめは描線の数が少なくて、色々なタッチに変更しやすいアニメっぽい絵柄をイメージして描いてみます。

●まず、キャラの頭部のアタリのO(マル)を描きます。
◎頭のアタリの描き方はこんな感じですo(≧▽≦)o

◎丸を描きます。
◎下にあごの形を描きます。
◎顔の中心線を十字に入れます。これで頭のアタリはできました。

■それを6つ並べて、6頭身のキャラクターのベースを作りますo(≧▽≦)o

背の高さ(頭身)を決める大切さについて
これは初心者の方によくあるパターンですが、描く時にキャラクターの頭身を考えないで(顔から順番に)描きはじめると、身体がでっかくなりすぎる場合があります。
あんまり身体がデカイとかわいく見えない…かも(つд`)・゚・

…なので、最初に頭のアタリをとってから、全身のアタリを描き起こすといいでしょう__φ(..)

■6頭身のアタリからキャラの肩や胸、マタや足の位置を決めます
o(≧▽≦)o

◎マタの位置ですが、およそ3頭身くらいにします。

◎脚の位置決めなのですが、気持ち少し長めにするといいです。初心者の方は特に立ち絵を描くと脚が短くなる事が多いので。長めに描くとキャラがかわいく、きれいに見えますヨ

◎肩の位置を決めます。今回は腰に手を当てているポーズなので、右肩が上がっています。

ワンポイントアドバイス
腕を上げると肩の位置が上がりますが、描き慣れていない方は、肩がそのままになってしまいがち…。それだとちょっと不自然な感じになってしまいます。


★全身の裸のアタリを描きます。(アタリは薄い線で描くといいです)

★次に髪の毛や、目、服、靴などを上から順にざっくり描いていきます。

アタリ線を薄く描く大切さ
アタリ線を薄く描くことで、目などを描きこんだ時にも表情がわかりやすくなります。アタリ線が濃いと線がごちゃごちゃした感じになってしまい、出来上がりが想像しにくなってしまいます。

*特にアナログで描く場合は、鉛筆で薄くアタリを描いてから、キャラクターの下描きをはじめるといいでしょう。

■描きこみのポイント
髪はアタリの外側にかつらを被せるように描きます。
裸のアタリなので、服もアタリの外側に描きます。
目の位置は学生の標準な顔より少し下げると、よりかわいく見えます。

※ここではアタリ線がわかりやすいように、赤色にしています☆

かわいいキャラを描くためのポイント
ここまで描いて何となく「かわいくない」と思うときは、大抵の原因は女の子の首の太さと肩幅の大きさにあります。首は細めに(例外もありますが)肩幅は狭く(なで肩で)描くとかわいくなるかと思います。

*ちょっとしたパーツのバランスが違うだけで、絵は変な感じに見えてしまいます。

同じラフ絵からタッチを変えてキャラを描き分ける

これでベースとなる下描き(ラフ絵)ができました。では続いて、ここから3タイプのキャラクターの描きわけをしてみたいと思います。

■Aパターン(アニメ風)
もともと、このラフ絵はアニメ風をイメージして描いてきましたので、そのまま、アタリを消して線を整えます

最後に、細か部分を丁寧に描きこんで、下のようなアニメ風のかわいい女の子の線画が完成しました〜!



■Bパターン(マンガ風)
同じ全身のアタリから、今度はマンガ風のキャラクターの描写で描いてみたいと思います。

目の描きこみや髪の毛、服のシワなどを細かく描きこみ、また全体に線の強弱をはっきりとさせています。

同じアタリから描いたアニメ風の絵柄とはずいぶん違いますよね。


■Cパターン(少女マンガ風)
同じ全身のアタリから、今度は少女マンガ風のキャラクターの描写で描いてみたいと思います。

目の描きこみや髪の毛、服のシワなど細い線をラフに重ねて表現してます。

同じアタリから描いたAパターンのマンガ風やBパターンのマンガ風の絵柄とはずいぶん違いますよね。


■まとめ

今回は体の描き方と、絵のジャンルのによる色々なタッチの描き分けをやってみました。
参考になるところがあればうれしいです(*`・∀・´*)



インストラクター・プロフィール

丘田ぽんち:イラストレーター
複数のマンガ系専門校にてキャラクターの描き方を担当してます。

★詳しいプロフィールはコチラから

おすすめ講座一覧

顔の描き方

顔の描き方。キャラの鼻の高さやあごの形など描写するポイントやコツ

ミニキャラ描き方

簡単!かわいらしい2等身・3等身のデフォルメキャラの描き方。基礎応用

目の描き方

マンガやアニメの目のデフォルメ かわいい目の描き方、横顔の目など。

髪の毛の描き方

髪の毛をかわいらしく描くコツ、毛先の描き方や髪の流れの描写の仕方

女の子の描き方

色々な女の子の顔や表情、性格にあった立ちポーズの描き方などなど。

ミニキャラ化する

オリキャラやアニメキャラを簡単にミニキャラにデフォルメするコツ

男女の描き分け方

年齢ごとの簡単な男子キャラと女子キャラの描き方や顔の描き分けのコツ

服のシワの描き方

服のシワができる部分と描き方のポイント。かわいらしく見せるコツ 

影のつけ方と線画

簡単な影のつけ方。影の種類と陰影を考えた線画の描き方と彩色の方法のコツ

かわいい男の子?

かわいい男の子とかわいい女の子の違い。ちょっとした仕草での描き分けのコツ

動きをつけるコツ

簡単に動きのある絵を描くためのポーズや服、髪の毛の描き方のポイント

コピックの塗り方

コピックの塗り方 少ない色数で上手にみせる肌・髪の毛の簡単な塗り方のコツ


お知らせ【キャラクターの描き方教室】秋葉原にて土曜日・開講中

私、丘田ぽんちが秋葉原にて、こだわりの教室「コミキャラ(コミックキャラクター)教室」を開講することになりました。

この教室は、描きたいキャラクターを描く方法や、あなたが普段描いているキャラクターを添削して、よりよくしていこうという、キャラクターを描くことに特化した初心者向けのマンガイラスト教室です。

★レッスン内容はコチラから

「こういう教室って、若い人ばかりじゃないの?」と、ご質問をいただくこともありますが、おとなの方のためのレッスンも行っています、歓迎いたします!
お気軽にお問合せください。(*^-^)

教室は、JR秋葉原駅より徒歩7分、JR浅草橋駅からは徒歩4分です。通いやすい場所です。

*当教室の紹介ページはコチラ



*トップ | *プロフィール*ギャラリー*ブログ


プロフィール


丘田ぽんち:イラストレーター

マンガ系専門校にてキャラクターを担当してます。
詳しいプロフィールはコチラから

★私が携わった書籍のご紹介★



★晋遊舎さま発行の【イラストスーパーテクニック】にて「イラストスーパーテクニック講座・キャラクターの描き方・デザイン」を担当させていただきました。

今回はピンポイントでキャラクターの描き方(女の子バージョン)などが載ってます。

※本の詳細はコチラから


★晋遊舎さま発行の【DrawBoys -男の子を描く!-】にて「イラストテクニック講座・男女の描き分けを理解しキャラクターをつくる」を担当させていただきました。

キャラクターのつくり方(男の子バージョン)男の子らしいしぐさのコツなどが載ってます。

※本の詳細はコチラから



★宝島社さま発行の【ディズニーキャラクターイラストポーズ集】にて、私がイラストの解説アドバイザーを担当させていただきました。
この本はディズニーイラストのHow to Drawブックです。独特の動きやしぐさ、デフォルメなどのディズニーアニメの表現をていねいにわかりやすく解説しています。

★本の詳細はコチラから

(リンク先では本の中身を少し見ることができます